ピルに死亡例がある!?

2019年09月03日
微笑む女性

最近では避妊だけではなく月経困難症などの治療薬としても用いられるピルですが、その副作用として静脈血栓症の発症リスクを高めるという物があります。
場合によっては死に至る可能性もあり、実際に死亡例も報告されていることから厚生労働省などが注意するように喚起しています。

静脈血栓症とはその名の通り、静脈の中に血栓ができてしまう症状なのですがピルを使用しなくても1万人に一人から五人の発症するという病気です。
低用量ピルを使用すると3人から9人と二倍から三倍に発症者が増える事が海外の統計においてわかっています。

ただし、発症率としては妊婦であったり出産してすぐの方が発症率は高い事も分かっていますし、症状の初期段階で有れば専門の医師に相談する事ですぐに対策がとれるという事で極度に恐れる必要はないという事も同時に通告されています。

ですので、ピルを使用する際には専門の医師に相談を行い、個人輸入薬や友人からもらったなどという怪しい薬を使わないようにしましょう。
また、静脈血栓症の初期症状である激しい頭痛は胸の痛み、吐き気や腹痛、失神痙攣などの意識障害など、服用中に体調が変化した場合すぐさま使用をやめ、かかりつけ医や専門の医師に受診しましょう。

関連記事
ピルで次の症状が出たら病院へ!

ピルは避妊目的だけではなく、生理痛や月経前症候群を緩和したり、生理不順を整えたりする働きもあります。現在では日本でも低容量ピルが処方されるようになり、副作用などは極めて低くなってきています。ホルモンを調整する薬なので、副作用が見られる場合もあります。不正出血や頭痛、下痢や便秘、乳房のハリや痛みなど、

2019年10月09日
医薬品は医師の診察を受けて服用しましょう

医薬分業とは、医師の診察とは別に薬の処方や調剤を分離して、医師と薬剤師の専門性を分担する方法です。診察を受けた患者さんが医療機関から発行された処方箋を院外の薬局に持って行き、薬を調合してもらい服薬指導をしてもらいます。医師は医学に精通した専門家ですが、多くの種類の薬剤を処方しています。種類も多く、診

2019年09月21日